top of page
slider01.jpg

​花宝苑

京都宝泉寺 四季の庭

春の桜は、日本随一の「センダイヤ」の群生です。山桜の一種で、京都の山間部に位置する当園にはお似合いの桜です。初夏のあじさいは、苑内一円にさきほこる風景は、梅雨の季節を彩ります。秋のイロハモミジ500株の群生は、まだまだ若く数年後の景色が楽しみです。

top01.jpg

花宝苑について

杉とヒノキの山であった敷地を花でいっぱいにすることから始まったこのプロジェクト。花々を宝として大切に育てていきたいという思いと、金花山宝泉寺の裏山に位置しますことから。お寺の山号と寺名から一字をいただき花宝苑と名付けています。

​メディアに紹介されました

ニュース

​SNS

  • Facebook
  • Instagram
  • ライン
bottom of page